ホーム > 宝生会新着情報

宝生会新着情報—2019年

宝生能楽堂四十周年記念「能楽 宝生流」発刊のお知らせ(2019年3月24日・春の別会当日より発売開始)

2019/03/17

宝生会ではこのたび、宝生能楽堂建立四十周年を記念して、宝生流と公益社団法人宝生会をより深く知っていただくための本として「能楽 宝生流」を刊行します。
宝生流の歴史など過去のことがらから、宝生会の取り組む未来へ向けた事業まで、多角的に焦点を当ててご紹介していきます。今回、初の試みとして、これまであまり表に出されていなかった宝生流の重要文化財指定の面の写真も公開いたします。

3月24日(日)、春の別会当日より、宝生能楽堂にて発売を開始いたします。ぜひ、ご購入ください。

初版2,000部限定で、付録として宝生宗家ほか在京能楽師による、連吟「鶴亀」、流儀小謡「七宝」「五雲」の収録されたCDをお付けします。

予約お申し込み・販売を受け付けておりますので、宝生会連絡先(下記)までお知らせください。

内容・価格ほか、概要は以下の通りです。

◆タイトル:「能楽 宝生流」

◆定価:1,500円(税別)/税込み価格1,620円

◆主な内容:宝生の舞台(舞台の変遷)/公益社団法人宝生会の概要と事業/東海・北陸・関西・九州での宝生流の活動/宝生流の面【重要文化財】と装束の紹介/宝生流職分の紹介/寄稿:西野春雄氏、羽田昶氏/宝生流の歴史、ほか

◆付録CD:連吟「鶴亀」、流儀小謡「七宝」「五雲」収録(宝生宗家ほか在京職分)

◆予約申し込み・販売:公益社団法人宝生会TEL03-3811-4843 WEBからのお問合せはこちらへ

 


四月・夜能「夜楽の調べ」〔2019年4月26日(金)開催〕、チケット発売中 *18時30分始

2019/02/19

2019年4月26日(金)18時30分より開催される夜能「夜楽の調べ」のチケットは、現在発売中です。

冒頭の特別鼎談解説、筝曲生田流演奏に続き、主公演の能「藤戸」シテ 大友順をお届けします。最後の仕舞は「玉之段」山内崇生、「天鼓」渡邊茂人、「船弁慶」佐野玄宜の三曲です。

平日金曜日の夜、能楽堂でゆたりしたお時間をお過ごしください。

チケット購入はこちらへ


四月・五雲会〔2019年4月20日(土)開催〕のチケット発売中 *正午始

2019/02/19

2019年4月20日(土)正午より開催される五雲会のチケットは、現在発売中です。

番組は、能「志賀」シテ 和久荘太郎、能「巴」シテ 今井基、能「小塩」シテ 渡邊茂人 ほか。

大伴黒主が山の神となって現れ、春を寿ぐ「志賀」、木曽義仲につき従った女武者、巴御前の物語「巴」、二条后の大原行幸の折の思い出を在原業平の霊が懐かしむ「小塩」。春の気配を感じる三曲をたっぷりお楽しみください。。

チケット購入はこちらへ


四月・宝生会 月並能〔2019年4月14日(日)開催〕のチケット発売中 *14時始

2019/02/17

2019年4月14日(日)14時より開催される宝生会 月並能のチケットは、現在発売中です。

番組は、能「嵐山」シテ 朝倉俊樹、能「山姥」シテ 佐野由於 ほか。

吉野の桜を移した京都・嵐山の桜に神々が来臨する「嵐山」、人間界を超越した存在をテーマにした「山姥」。深い内容のある二曲をお楽しみください。

チケット購入はこちらへ


『能楽堂リレー公演2019 能『隅田川』 宝生能楽堂公演〔2019年3月29日(金)19時開演〕のご案内

2019/02/12

本年も「能楽堂リレー公演」が開催されます。

曲名は「隅田川」。親子の別れをテーマとした名曲を、ご堪能ください。

2019年3月29日(金)19時始(18時開場)

プログラム

解説:佐野登

能「隅田川」シテ 辰巳満次郎 子方 水上嘉

【料金】4,000円(全席自由)
【チケット・お問合せ】宝生能楽堂TEL03-3811-4843

カンフェティからのチケット購入はこちらへ


二月開催・宝生能楽堂インターンシップ募集中!〔2018年1月28日まで。申込みはお早目に〕

2019/01/22

2019年2月4日(月)~16日、宝生能楽堂で、主に大学生を対象としたインターンシップを開催します。

選択制の事前講座受講、運営方法・各種業務学習の後、能楽堂主催の普及事業や公演の準備、当日運営に臨みます。期間中には能楽師による稽古体験もあります。

以下に興味のある方は、ぜひ、ご参加ください。

◆能楽や劇場運営、アーツマネジメント、学芸員、日本文化、国際交流

◆能楽など文化活動の普及(営業、宣伝、広報、企画)

◆学生同士の活動・交流

◆各分野のプロフェッショナル(能楽師、研究者ほか、講師以外など)との交流

詳細は次の通りです。

■講師・内容一覧(◎必修、●内部研修、○外部講師による選択講座)

◎能楽講座・・・宝生流家元による能楽の基礎講座。
講師 宝生和英(宝生流二十世宗家)

◎SNS広報企画ワーク・・・イベント企画の基礎を学び、企画立案を実践する。
講師 インターン一期生、望月真也

●稽古体験・事務講習・公演運営・・・稽古体験、能舞台や楽屋の裏側、制作事務を体験。
講師 宝生流能楽師、宝生会事務局

○選択講座 外部講師による選択講座。日本文化や能楽概論といった総論から、文化財保護、 マネジメント、宣伝、接客といった実務内容まで、専門家や研究者、現場の学芸、制作スタッフによる実践講座。
「能楽概論」・・・宮本圭造(法政大学能楽研究所)
「文化財保護」・・・門脇幸恵(独立行政法人日本芸術文化振興会・前国立能楽堂調査資料主任)
「伝統芸能と国際交流」・・・前田佳子(独立行政法人国際交流基金)
「伝統芸能史」・・・日置貴之(白百合女子大学教授)
「舞台マネジメント」・・・望月真也(公益財団法人静岡県文化財団・ディレクター)

2/4 2/5 火 2/6 水 2/7 木 2/8 金 2/9 土 2/10
午前の部

10時~12時

能楽講座

宝生和英

事務・接客

牧野恒良

SNSワーク

一期生

文化財保護

門脇幸恵

伝統芸能史

日置貴之

「月並能」

運営研修

午後の部

14時~16時

  事務・接客

牧野恒良

テレビ取材見学 文化財保護

門脇幸恵

伝統芸能史

日置貴之

「月並能」

運営研修

2/11 2/12火 2/13水 2/14木 2/15金 2/16土
午前の部

10時~12時

SNSワーク

一期生

国際交流

前田佳子

舞台体験

能楽師

能楽概論

宮本圭造

マネジメント

望月真也

「五雲会」

運営実習

午後の部

14時~16時

SNSワーク

一期生

国際交流

前田佳子

舞台体験

能楽師

能楽概論

宮本圭造

マネジメント

望月真也

「五雲会」

運営実習

※「能楽講座」、「SNS広報企画ワーク」、「月並能」運営研修は必修です。 

※午前の部、午後の部が同内容の場合、どちらかを選択してください。 

※講師の予定により、講座内容や日程が変更になる場合がございます。

下のお申込用紙に記入の上、ファックスまたはメール添付にて、お申し込みください。

メール:office159hongo@hosho.or.jp FAX:03-3811-4591

インターンシップ申込み用紙

 

 

 

 

 

 


三月・宝生会 春の別会能(二部制)〔2019年3月24日(日)開催〕チケット販売中 *第一部11時始/第二部16時始

2019/01/19

2019年3月24日(日)に開催される「宝生会 春の別会能」は、現・宝生能楽堂創建四十周年を記念して二部制となります。
第一部(11時始)、第二部(16時始)のチケットをそれぞれ販売中です。

第一部の番組は、素謡「翁」シテ 宝生和英、能「高砂 作物出」前シテ 亀井保雄/後シテ 今井泰行、能「安宅 延年之舞 貝付貝立」シテ 武田孝史 ほか。

第二部の番組は、能「草紙洗」シテ 當山孝道、能「道成寺」シテ 佐野弘宜 ほか

宝生会の最高峰の舞台で、非常に中身の濃いプログラムを用意しております。ぜひお越しください。

 

チケット購入はこちらへ


三月・五雲会〔2019年3月16日(土)開催〕のチケット発売中 *正午始

2019/01/19

2019年3月16日(土)正午より開催される五雲会のチケットは、現在発売中です。

番組は、能「箙」シテ 川瀬隆士、能「祇王」シテ 東川尚史、能「海人」シテ 小倉健太郎 ほか。

源氏の武将、梶原景季が梅の枝を箙(えびら、矢筒のこと)に挿して戦った故事を扱った「箙」、平清盛の寵愛を受けた祇王と仏御前という二人の白拍子の物語「祇王」、我が子のために竜宮に取られた宝珠を命がけで取りに行った母の物語「海人」。見ごたえのある三曲をお楽しみください。

チケット購入はこちらへ


三月・宝生会 月並能〔2019年3月10日(日)開催〕のチケット発売中 *14時始

2019/01/19

2019年3月10日(日)14時より開催される宝生会 月並能のチケットは、現在発売中です。

番組は、能「春日龍神」シテ 野月聡、能「桜川 舞入」シテ 大坪喜美雄 ほか。

日本の神々が明恵上人の入唐渡天を止める「春日龍神」、桜の舞い散る川辺で織りなされる親子の物語「桜川」。春の一日を、能楽堂にてお過ごしください。

チケット購入はこちらへ


2019年、夜能のお知らせ-平日夜に、能を気軽にお楽しみください。

2019/01/11

宝生会主催の「夜能」は、平日夜に開催される、新しいかたちの能公演です。

時間の進みが早い社会で、観客の皆さまに、心を落ち着けるひととき、自分と向き合う時間をお届けしようという思いからはじまりました。

さまざまな伝統音楽を併せてお楽しみいただける「夜楽の調べ」と、特別公演「夜語りの会」が設けられています。

2019年の「夜楽の調べ」公演は以下の通りです。

※開場17時30分 18時30分開演(鼎談解説、伝統音楽演奏、能公演、仕舞)

1月25日(金)
能「車僧」シテ 金野泰大
ガムラン「ラーマーヤナ~アジアの神鷲ガルーダ~」皆川厚一/プトゥ・スティアワン/濱元智行/川村亘平/藤崎聡美
仕舞(テーマ【京】)「右近」小林晋也/「経政クセ」田崎甫/「鉄輪」東川尚史

2月22日(金)
能「草薙」シテ 當山淳司
雅楽「催馬楽 更衣/高麗壱越調 胡蝶楽/盤渉調 越天楽」笙・楽琵琶 中田太三/篳篥・笏拍子 三浦元則/龍笛・高麗笛 伊崎善之
仕舞(テーマ【剣】)「橋弁慶」亀井雄二/「鵺」水上優

4月26日(金)
能「藤戸」シテ 大友順
筝曲生田流「尾上の松」東京藝術大学学生
仕舞(テーマ【水】)「玉之段」山内崇生/「天鼓」渡邊茂人/「船弁慶」佐野玄宜

5月31日(金)
能「舎利」シテ 髙橋憲正
尺八「磯馴松」東京藝術大学学生
仕舞(テーマ【鬼】)「大江山」佐野弘宜/「飛雲」藪克徳

6月28日(金)
能「土蜘」シテ 小倉伸二郎
長唄、長唄三味線、邦楽囃子「島の千歳」東京藝術大学学生
仕舞(テーマ【絆】)「小袖曽我」今井基/「松風」金森隆晋/「富士太鼓」澤田宏司

11月29日(金)
能「黒塚」シテ 辰巳大二郎
筝曲山田流「赤壁賦」東京藝術大学学生
仕舞(テーマ【山】)「葛城キリ」小倉健太郎/「花月キリ」金森良充/「山姥クセ」宝生和英

【料金】一般3,000円/学生2,000円
※セット券割引(6公演共通・能楽堂事務局販売のみ)
6枚セット 一般15,000円/学生10,000円
3枚セット 一般7,500円/学生5,000円

チケット購入はこちらへ

なお、2019年の「夜語りの会」は以下日程、演目にて予定しています。

9月27日(金)18時30分始(開場17時30分)
能「邯鄲 傘之出」シテ 野月聡 ほか

 


1 / 212

宝生会新着情報

2019/03/17
宝生能楽堂四十周年記念「能楽 宝生流」発刊のお知らせ(2019年3月24日・春の別会当日より発売開始)
2019/02/19
四月・夜能「夜楽の調べ」〔2019年4月26日(金)開催〕、チケット発売中 *18時30分始
2019/02/19
四月・五雲会〔2019年4月20日(土)開催〕のチケット発売中 *正午始
2019/02/17
四月・宝生会 月並能〔2019年4月14日(日)開催〕のチケット発売中 *14時始
2019/02/12
『能楽堂リレー公演2019 能『隅田川』 宝生能楽堂公演〔2019年3月29日(金)19時開演〕のご案内
2019/01/22
二月開催・宝生能楽堂インターンシップ募集中!〔2018年1月28日まで。申込みはお早目に〕

過去の新着情報