ホーム > 能+1

気軽にもっと 日本のこと 伝統のこと

能+1



特別座談会 2017

宝生流月並能とセットで¥500
座談会のみで¥1,000

維持会員/年間会員無料

六百年以上の歴史を持つ能楽。繊細かつ洗練されたその舞台は、今なお世界で愛されています。当イベントでは、「宝生会 月並能」に先立ち、能楽の持つさまざまな魅力の一つひとつを掘り下げ、楽しくご紹介いたします。

今年のテーマは"支える技"。日本の伝統の世界に身を置く、さまざまな「匠」に迫ります。

皆様のご参加をお待ちしております。ぜひお楽しみください。

【場所】宝生能楽堂
【日程】1月・12月を除く、「宝生会 月並能」開演前の全8回
【時間】開場11:30/開演12:00/終演予定13:00(月並能 開場13:15)
【料金】¥1,000(全自由席) ※当月の月並能チケット所持者¥500

維持会員・年間パスポート所持者は無料。能+1をお買い求めいただきました方は、当月の月並能チケットを¥500割引き価格にてお買い求めいただけます。

《チケット購入・お問合せ》
公益社団法人宝生会事務局 TEL03-3811-4843
WEBからのお問合せ・お申し込みはこちらへ



フェイスブックにて最新情報を配信中です。
ぜひご利用ください!

“支える技”をテーマに、さまざまな「匠」に迫ります。

※フェイスブック以外の当ページ使用写真は、昨年の「能+1」の模様です。

2017年2月12日(日)

特別対談 今とつながる伝統 〜アート編〜
能面のヒミツ①~狂言面~
後藤祐自(能面師)
髙橋憲正(宝生流シテ方)
山本則重(大蔵流狂言方)

◆月並能番組 能「高野物狂」シテ 大坪喜美雄、能「昭君」シテ 朝倉俊樹 ほか

2017年3月12日(日)

能楽講座 もっと能を楽しむ
囃子こと~囃子方道具~
宮本卯之助(太鼓他邦楽器取扱・宮本卯之助商店会長)
大倉源次郎(大倉流小鼓方)

◆月並能番組 能「朝長」シテ 佐野由於、能「」シテ 山内崇生 ほか

2017年4月9日(日)

特別対談 今とつながる伝統 〜アート編〜
絹と織~絹織物~
志村明(勝山織物)
宝生和英(宝生流二十代宗家)
菊池理予(東京文化財研究所)

◆月並能番組 能「呉服 作物出」シテ 當山孝道、能「雲林院」シテ 金井雄資 ほか

2017年5月14日(日)

能楽講座 もっと能を楽しむ
関東宝生流学生能楽連盟との
共同企画
無料企画

◆月並能番組 能「芦刈」シテ 佐野登、能「山姥」シテ 宝生和英 ほか

2017年6月11日(日)

特別対談 今とつながる伝統 〜アート編〜
表舞台、裏舞台~足袋~
福島茂雄(大野屋新富町)
安田登(下掛宝生流ワキ方)
歌舞伎役者

◆月並能番組 能「通盛」シテ 田崎隆三、能「天鼓 呼出」シテ 武田孝史 ほか

2017年9月10日(日)

能楽講座 もっと能を楽しむ
人と和を結ぶ~組紐~
江口裕之(組紐柏屋)
和久荘太郎(宝生流シテ方)
舞踊家

◆月並能番組 能「松尾」シテ 金森秀祥、能「阿漕」シテ 登坂武雄 ほか

2017年10月8日(日)

特別対談 今とつながる伝統 〜アート編〜
特別鼎談~能楽師~
宝生和英(宝生流宗家)
金剛龍謹(金剛流若宗家)
小笠原清基(小笠原流宗家嫡男)

◆月並能番組 能「梅枝」シテ 辰巳満次郎、能「大江山」シテ 今井泰行 ほか

2017年11月12日(日)

能楽講座 もっと能を楽しむ
能面のヒミツ②~能面~
後藤祐自(能面師)
宝生和英
能楽師

◆月並能番組 能「楊貴妃」シテ 亀井保雄、能「熊坂 床几之形」シテ 前田晴啓 ほか



主催:公益社団法人宝生会 〔ご注意〕◆入場料はすべて税込金額となっています。◆上演中、見所内での録音、録画、撮影は著作権、肖像権の侵害にあたる場合がありますので、固くお断り申し上げます。◆都合により公演の一部(出演者・曲目等)を変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。◆未就学児の入場はご遠慮ください。◆一度お求めいただいたチケットの変更、キャンセルはできません。◆能楽堂周辺の道路は全面駐車禁止となっております。お車でのご来場はご遠慮ください。